皆さん熱帯魚は何を飼育していますでしょうか?

今回は熱帯魚の中でも根強い人気を誇る、カクレクマノミの飼育環境についての記事を書いていきたいと思います。

カクレクマノミを飼育するのに適した環境

カクレクマノミ 飼育 温度

カクレクマノミはその独特の模様と、イソギンチャクの中を出入りするかわいらしい様子から熱帯魚の愛好家たちに根強い人気があります。

まずカクレクマノミは何度も書くように熱帯魚であるので、屋外など気温の変化が大きいところ、寒冷になるところではあまり長く飼育することはできないでしょう。

そのため多くの方はカクレクマノミを屋内で飼育することになるかと思われます。

飼育の際に用意するのは、以下の道具です。

・照明 ・ヒーター、クーラー ・水槽 ・フィルター ・ライブロック

水槽は必ず蓋つきのものを購入してください。

カクレクマノミは驚いた拍子に水槽から飛び出してしまう恐れがあるので、しっかりと水槽をふさいでください。

また、蓋をすることで塩ダレや水の蒸発といったことも防止できるかと思われます。

スポンサードリンク

飼育の際の適温

カクレクマノミの適温水温は24℃~30℃とされています。

この範囲を多少上下してもいいですが、急激な温度変化が起こる場合はヒーターやクーラーを取り付けてください。

屋内ならば夏場でも風通しが良ければ冷房を取り付ける必要はありませんが、閉め切って日中温度が高くなりすぎる恐れのある部屋は冷房をつけましょう。

真冬の場合、暖房のない部屋に水槽を設置するときは観賞魚用のヒーターを設置すると安心でしょう。

水温が下がりすぎるとカクレクマノミの食欲が落ちてしまい、どんどん弱っていくので気を付けてください。

基本的なことですが毎日の管理をしっかりと行い、よく観察してあげてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

飼育する際の適温をいつも計算通り維持できるとは限らないので、日々の観察をしっかりと行い、不調の兆候を見逃さないようにしてください。

健康状態が良くないときのサインをしっかりと理解しておけば、さらに悪くなることを防げるようになると思います。

これらの知識が生かされ、より快適な飼育ができることを祈っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク