カクレクマノミを家で飼うという場合に注意しておきたいのが、飛び出しです。

実際にカクレクマノミを飼っている人には経験したことがあるという人も多いかもしれません。

カクレクマノミが水槽から飛び出すということがあります。

それはなぜ起こるのでしょうか?

また、どのような対策をすればよいのでしょうか?

飛び出しについて

カクレクマノミ 飛び出し 原因 対処

カクレクマノミをはじめ熱帯魚は、水槽から飛び出してしまうということがあります。

この飛び出してしまう原因には色々とありますが、例えばストレスを与えている場合や何かに驚いた場合、また他の魚などと飼っている場合にはその魚などにいじめられてしまった場合などに水槽から飛び出してしまうということがあります。

この水槽から飛び出すということを甘くみてしまうと最悪の場合はカクレクマノミの命に関りますので、注意が必要です。

対策は?

飛び出しを防ぐためには、どのようなことをすればよいのでしょうか?

まずは、水槽の蓋を閉めるというのは重要です。

例えば、水を換えるためなどにわずかでも開けたままにしてしまうとカクレクマノミが飛び出してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

水槽の蓋を閉めておけば大丈夫だと考えている人も多いですが、フィルターなどのわずかな隙間などからでも、外に飛び出してしまうという危険性がありますので、注意が必要になります。

カクレクマノミにストレスを与えない、驚かせないということも大切ですし、そういった場合にカクレクマノミが自分の身を隠すことが出来るようなライブロックを設置しておくというのもカクレクマノミの飛び出しを防ぐためには重要な対策になります。

飛び出し事故を防ぐためには必ず様々な対策をしておきましょう。

そうすることで、カクレクマノミも安心して暮らすことが出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

カクレクマノミは外に飛び出してしまうということがあります。

原因は様々ですが、驚いた時や、ストレスを与えてしまっている時、他の魚にいじめられてしまった時などに起こりやすくなります。

このような飛び出しを防ぐためには、様々な対策を行っておく必要があります。

わずかな隙間からでも、カクレクマノミは外に飛び出してしまうことがあります。

それを防ぎ、カクレクマノミに少しでも安心して暮らせるような環境を作ることが必要です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク