カクレクマノミは、とてもかわいらしくて人気があります。

水族館で見かけることやアニメなどの影響もあり家で、カクレクマノミを飼っている人もいます。

そんなカクレクマノミですが、夏などの暑い季節の水温は何度くらいにすればいいのでしょうか?

カクレクマノミの夏の水温

カクレクマノミ 夏 水温

カクレクマノミの飼育で気になるのが、やはり水温です。

水温に気をつけないと弱ってしまうという場合が多いので、熱帯魚などを飼う時にはやはり水温管理が気になるでしょう。

その中でも、夏場は温度が上がりやすくなります。

エアコンなどを使用していれば快適な温度を保つことも出来ますが、やはり締め切った部屋の温度はすぐに上昇してしまうので、注意が必要です。

カクレクマノミの夏の水温は25℃くらいに保つことが良いと言われていますが、これについては様々な意見があります。

一般的には30℃以下の水温を保つようにするのが良いと言われています。

カクレクマノミも30℃以上の水温になってしまうと弱ってしまうので、水温の上がりやすい季節には注意が必要です。

必要に応じて冷却ファンなどを設置するようにすると、水温の上昇を抑えることが出来ます。

水温をチェックするための温度計なども自宅に持っておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

水温管理が大切

カクレクマノミを飼育するのには、やはり水温管理は大切です。

夏場は水温が上昇しやすく、冬場になると今度は、水温がどんどんと低下してしまいます。

ですから、冬場などにはヒーターなどを利用してカクレクマノミの水槽内の水温が下がり過ぎないようにする必要があります。

水温をしっかりと管理することがカクレクマノミを飼育するにはとても大切ですよ。

水温と一緒に大切なのが水質です。

どうしても排泄物や食べ残しなどで水が汚れてしまいます。

ろ過装置などを上手く活用して綺麗な状態を保ちましょう。

まとめ

カクレクマノミは夏場などには水温に注意が必要です。

25℃くらいの水温が適していると言われています。

また、水温が30℃以上になってしまうと、カクレクマノミが弱ってしまうことになるので、水温は必ずチェックすることが大切です。

水温を維持するためには必要に応じて、冷却ファンやヒーターなどを利用すると水温を調節することが簡単ですよ。

水温を冷たすぎない、高くなりすぎないようにすることが大切ですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク