オレンジと白と黒の色が特徴で人気のある海水魚のクマノミですが、クマノミにも様々な種類が存在します。

クマノミは日本にいるのは6種類ですが、全世界と合わせると30種類ほどのクマノミがいるそうです。

クマノミというとオレンジと白と黒の3色のイメージが強いですが、種類によっては色や模様は違うのでしょうか。

様々な種類のクマノミや色について見てみましょう。

有名な種類はカクレクマノミ

カクレクマノミ 色 種類

クマノミの中でも特に知られているのはカクレクマノミではないでしょうか。

人気アニメのモデルとなった魚なので馴染みのある方が多いと思います。

カクレクマノミは飼育も難しくないので、アクアリウムでも人気の高い種類です。

カクレクマノミは濃いオレンジ色の体に白い帯が3本入り、ヒレに黒い線が入っている模様をしています。

とても可愛らしい見た目も人気の理由でしょう。

クマノミの色は様々

クマノミはカクレクマノミの様にオレンジ、白、黒と3色のものが多いですが、それぞれ色の占める量や模様の形が種類で異なります

また、生息している地域によっても色の濃さが変わってきます。

クマノミの中にはオレンジ色が入っていない白と黒の2色だけのクマノミやオレンジ色が濃く赤に近い色のクマノミもいます。

また、水槽で飼育しているクマノミの体の色も一定ではなく水槽の環境で変化する事があります。

水質、餌、照明などによって色が薄くなったり濃くなったり変化するようです。

スポンサードリンク

日本に生息するクマノミ

クマノミは日本でも6種類生息しています。

その6種類とはクマノミ、カクレクマノミ、ハマクマノミ、セジロクマノミ、ハナビラクマノミ、トウアカクマノミです。

主に沖縄の海に生息しています。

それぞれ色や模様が違うだけでなく特徴や性格も違います。

カクレクマノミやハナビラクマノミは穏やかで大人しい性格をしていますが、ハマクマノミはクマノミの中でも強い性格をしていて、他の魚を襲う事があります。

クマノミでも種類の違う同士の混泳は避けるようにしましょう。

意外とでっかい君。 #渡嘉敷島 #慶良間 #クマノミ #ダイビング

gudetabi8さん(@gudetabi8)がシェアした投稿 –

まとめ

クマノミには沢山の種類が存在していて、それぞれ色の濃さや模様が違う事が解りました。

また、育つ環境でも体の色が変化する事が解りました。

色々な種類のクマノミを飼育するのも楽しいですが、一つの水槽に違う種類同士のクマノミを飼育する事は出来ないので別々の水槽で飼育しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク