カクレクマノミとはオレンジ、白、黒の色彩が特徴で可愛らしい見た目が人気の魚です。

カクレクマノミを水槽で飼育するだけでも華やかになりますが、他の生き物と一緒に飼育すると更に楽しめるでしょう。

カクレクマノミと混泳できる相性の良い魚には、どのような魚がいるのか見てみましょう。

混泳するときには相性が大切

カクレクマノミ 混泳 相性 おすすめ

同じ水槽の中で違う生き物同士を混泳させるときは、生き物同士の相性が重要です。

相性が悪いと一方が攻撃されて食べられてしまう、餌を奪われて弱い生体が餌を食べる事が出来なくなることがおきます。

あまり大きさの違う生体同士の混泳は避けましょう。

また、混泳させる前に必ず相性が良いかを調べるようにしましょう。

カクレクマノミとの混泳にお勧めの魚

カクレクマノミとの混泳には、攻撃性が無く大人しい性格の魚が向いています。

ミズタマハゼ、ギンガハゼ等の小型のハゼ類は飼育も簡単で他の魚を攻撃しません。

温和な魚なのでカクレクマノミとの混泳にも向いています。

他にデバスズメダイという白と水色の魚や、キイロハギという黄色の魚、カンムリニセスズメという黄色とピンクが混ざった魚、ハナゴイという暖色系の魚もカクレクマノミと混泳できます。

スポンサードリンク

魚以外にも混泳できる、おすすめの生き物

カクレクマノミが混泳できるのは魚だけではありません。

エビ類や貝類などの生き物も混泳できます。

エビ類ではホワイトソックス、キャメルシュリンプ、貝類ではマガキガイ、シッタカガイなどと混泳できます。

エビ類や貝類を同じ水槽内で飼育すると、水槽の中のコケを餌として食べてくれるので水槽のコケの発生を抑えることが出来ます。

水槽の掃除役もしてくれるのでおすすめです。

カクレクマノミ同士でも喧嘩する?

カクレクマノミにもブラックオセラリス、ナミクマノミ、ハマクマノミなど様々な種類があります。

カクレクマノミ同士でも種類が違う同士を同じ水槽で飼育すると喧嘩する事があります。

その為一つの水槽の中に違う種類のカクレクマノミ同士は混泳させない方が良いでしょう。

まとめ

カクレクマノミと混泳できる魚や生き物について見てみました。

相性が良いと言われている魚でも環境によっては他の魚を攻撃し、いじめてしまう事もあるようです。

混泳の相性は、実際にその水槽の中に入れてみないとわからない面があります。

混泳には多少のリスクがあることを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク