カクレクマノミの性別には少し変わった特徴があり、一つの集団の中にオスとメスは一匹ずつしか存在しません。

一つの集団の中にペアは一組しかできないようになっています。

そこで、飼育しているカクレクマノミのどれがオスでどれがメスなのか気になりますよね。

性別を見分けるときには体のサイズに注目するそうです。

一体どのように見分けるのでしょうか。

また、水槽でカクレクマノミのペアを作るにはどうしたらいいのか、ペアを作る方法を調べてみました。

カクレクマノミの性別は?サイズでの見分け方

カクレクマノミ ペア 見分け方 方法 サイズ

カクレクマノミは産まれた段階で性別が決まっているのではありあません。

集団の中で一番大きいサイズのものがメスに性転換します。

そしてその次に大きいサイズのものがオスに性転換します。

そして他の個体はどちらとも言えず、今のオスがいなくなってしまった時のオスの予備軍となります。

そのため、カクレクマノミの性別は一番大きいものがメス、2番目に大きいものがオスと見分けられます。

オスとメスのペアを作る方法

水槽の中にオスとメスのペアを作りたい場合はどうしたらいいのでしょうか。

まず、水槽の中に5.6匹のカクレクマノミを入れます。

この時大きいものや小さいもの、色の濃いものや模様がはっきりしているものなど様々なタイプのカクレクマノミを入れましょう。

次に水槽にイソギンチャクを入れます。

すると数週間後、強いカクレクマノミがイソギンチャクを独占し、2匹のカクレクマノミがイソギンチャクに住み着いていたらペアが成立しています。

もし1匹しかイソギンチャクに入っていなかった場合は、もう一度小さいサイズのカクレクマノミを4.5匹入れてみましょう。

またはショップでもともとペアとして売られているものがあるので、最初からペアになっているものを購入すると良いでしょう。

スポンサードリンク

ペアになると産卵するの?

ペアになったら水槽の環境や餌が良ければ産卵する事もあります。

まず与える餌を栄養のある餌に変えてあげると良いでしょう。

乾燥餌よりも生餌がお勧めです。

また照明を利用して規則正しい生活にしてあげることも重要です。

照明にタイマーを設定して、睡眠のバランスが崩れないようにしてあげましょう。

まとめ

カクレクマノミのオスとメスの見分け方は、サイズで見分けることが解りました。

一番大きいものがメスで、その次に大きいものがオスです。

ペアができたら仲良しで、いつも一緒にいるカクレクマノミもいます。

水槽の中で仲良しのペアが成立してくれると嬉しいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク